日本乳酸菌学会

2002年度研究集会  <  年次大会  <  学術情報  <  HOME

2002年度研究集会
 

開催日: 2002年6月27日(木)・28日(金)
会場: 理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール
 プログラム | 

 

大会プログラム

第1日:2002年6月27日
 
»  [13:00-13:10]
開会の挨拶
»  [13:10-14:10]
The health-promoting potential of probiotics : current status and future perspectives
Prof. Seppo Salminen (Univ. of Turku, Turku, Finland)
»  [14:10-14:20]
休憩
1.  [14:20-14:40]
The Effects of Indigenous Lactic Acid Bacteria as Single Starter Cultures on the Quality of "Urutan"
◯ Nyoman Semadi Antara1, I Nengah Sujaya4, Kozo Asano2, Atsushi Yokota3, Wayan Redi Aryanta1, and Fusao Tomita2* (1Lab. of Industrial Microbiol., Udayana Univ., Bali, Indonesia; 2Lab. of App. Microbiol., 3Lab. of Microb. Resour. Ecol., Grad. Sch. of Agric., Hokkaido Univ.; 4Northern Advanc. Center for Sci. and Tech.)
2.  [14:40-15:00]
Lactic Acid Bacteria Associated with Indonesian, Laos, and Cambodian Traditional Dry Starters and Their Role during the Fermentation
◯I Nengah Sujaya1, Kimiko Minamida1, Teruo Sone2, Atsushi Yokota3, Kozo Asano2 and Fusao Tomita2* (1Northern Advancement Center for Science and Technology, 2Lab. of Appl. Microbiol., 3Lab. of Microb. Resour. and Ecol., Grad. Sch. of Agr., Hokkaido Univ.
3.  [15:00-15:20]
ラッキョウから分離した乳酸菌による大腸菌群に対する抗菌作用
○小林恭一* (福井県食品加工研究所)
4.  [15:20-15:40]
グルジア産粘質発酵乳における乳酸球菌と好気性細菌の共生
○赤谷 薫*、 岸田綱太郎 (ルイ・パストゥール医学研セ)
»  [15:40-16:00]
休憩
5.  [16:00-16:20]
Effects of Prebiotic (raffinose) and Probiotic (Bifidobacterium breve JCM 1192) on bacterial population in rat cecal flora: Investigation by FISH and T-RFLP
○Akarat Suksomcheep1, Atsushi Yokota2, Kozo Asano3, Fusao Tomita3* (1 Northern Advanc. Center Sci. Technol., 2Lab. of Microb. Resour. and Ecol. and 3Lab. of Appl. Microbiol., Grad. Sch. of Agr., Hokkaido Univ.)
6.  [16:20-16:40]
Detection of novel thermotolerant species, Lactobacillus thermotolerans, in chicken faeces by 16S rRNA-targeted oligonucleotide probes
○Piyanuch Niamsup1, Akarat Suksomcheep3, Kozo Asano2, Fusao Tomita2 and Atsushi Yokota1,* (1Lab. of Microb. Resour. and Ecol. 2Lab. of Appl. Microbiol. 3NOASTEC, Grad. Sch. of Agr., Hokkaido Univ.)
7.  [16:40-17:00]
発酵乳製造用菌株及び腸内細菌による内分泌攪乱化学物質の吸着
○大石憲司*、横井稚恵、吉田康人、澤田治司(ヤクルト中研
8.  [17:00-17:20]
乳酸菌及びビフィズス菌によるビスフェノールAの糞便排泄促進作用
○佐藤直*、大石憲司、横井稚恵、吉田康人、澤田治司(ヤクルト中研)
»  [17:30-19:30]
懇親会

第2日:2002年6月28日
 
»  [09:30-10:10]
NITE生物遺伝資源センター(NBRC)の概要と展開
○鈴木健一朗 ((独)製品評価技術基盤機構・生物遺伝資源センター)
»  [10:10-10:50]
JCMカルチャーコレクションの利用と登録(ユーザーの立場から)
○斉藤忠夫、北沢春樹、川井 泰、西村順子、伊藤敞敏1 (東北大院・農学研究科, 1日大・生物資源科学部)
»  [10:50-11:00]
休憩
»  [11:00-11:40]
機能性乳酸桿菌の動態解析の試み
○斉藤康雄 (グリコ乳業㈱ 技術開発研究所)
»  [11:40-12:20]
Bifidobacteriumの分類・同定・検出法の進展
○松木隆広、藤本淳治、渡辺幸一、田中隆一郎(ヤクルト本社中央研究所)
»  [12:20-13:00]
総会
»  [13:00-14:00]
昼食休憩
9.  [14:00-14:20]
内分泌撹乱物質(PCB126)暴露ラット肝臓由来の異常EPRシグナルを有するチトクロムP450に対する乳酸菌投与の影響
○森田英利1・吉川 宏1・篠田 直2・滝沢達也1・白井明志1・鈴木武人1・堀川 洋1・山崎 薫1・増山明弘2・坂田亮一1・吉村哲彦3・政岡俊夫1 (1麻布大学獣医学部・2 カルピス(株)基礎研究フロンティアラボラトリー・3 生物ラジカル研究所)
10.  [14:20-14:40]
乳酸菌による結腸粘膜脂質の過酸化抑制効果について
○伊藤雅彦*、大石憲司、吉田康人、横井稚恵、澤田治司(ヤクルト中研)
11.  [14:40-15:00]
老齢マウスへのLactobacillus casei シロタ株の経口投与が血中リンパ球のナチュラルキラー活性に及ぼす影響
○堀 徹治、清島 潤子、保井 久子 (㈱ヤクルト本社中央研究所)
12.  [15:00-15:20]
パン種より分離した乳酸菌死菌体による血清コレステロール上昇抑制
○岡田 寿、大西博司、森 治彦、髙木誠一、澤田小百合1、田代 操1 ((株)タカキベーカリー・微生物研、1武庫川女子大・食物栄養)
»  [15:20-15:40]
休憩
13.  [15:40-16:00]
Enterococcus faecalis FK-23株の加熱処理菌体のヒトにおける肝機能、皮膚疾患およびアレルギーに対する効果
○岡森万理子1*、須貝哲郎2、山下周子2、榎本雅夫3、程 雷4、白川太郎4、嶋田貴志1、大林 晃1(ニチニチ製薬㈱中研1、池田回生病院皮膚科2、日赤和歌山医療セ耳鼻咽喉科3、京都大院医学研究科4)
14.  [16:00-16:20]
L. bulgaricus OLL1073R-1の生産する菌体外多糖のマクロファージにおけるサイトカイン誘導能
○西村順子・北沢春樹・川井 泰・伊藤敞敏1・小田宗宏2・斉藤忠夫 (東北大院農、1日大生資科、2明治乳業(株))
15.  [16:20-16:40]
新たに分離された乳酸菌が生産するバクテリオシン
○善藤威史・古賀祥子・Sunee Nitisinprasert1・Pongtep Wilaipun1・Adisorn Swetwiwathana2・中山二郎・園元謙二*(九大院・農、1Kasetsart Univ.、2KMITL)
16.  [16:40-17:00]
Bifidobacterium longum plasmid pTB4 とpTB6の和合性
○加納康正、古池 史(京都薬科大・生命薬学研)
»  [17:00-17:20]
閉会の挨拶

ページTOPへ