日本乳酸菌学会

1999年度研究集会  <  年次大会  <  学術情報  <  HOME

1999年度研究集会
 

開催日: 1999年7月2日(金)
会場: 麻布大学百周年記念ホール
 プログラム | 

 

大会プログラム

1999年7月 2日
 
1.  [09:15-09:30]
フルクタン発酵性乳酸菌によるラッキョウ下漬けスターターの開発
○小林恭一、西川清文、稲木幸夫、岡田早苗(福井県食品加工研究所、東京農大菌株)
2.  [09:30-09:45]
大腸菌群細菌を排除する乳酸菌Lactococcus lactis SNW株の作用メカニズム解明に向けて
○岡田早苗、奥田俊郎(東京農大菌株、三和農林(株)研究所)
3.  [09:45-10:00]
Enterococcus faecalisのフェニル乳酸産生能とその抗菌性
○富田悟志、大平猪一朗、久松伸、森田英利、其木茂則(麻布大学大学院環境保健学研究科、麻布大学獣医学部、現タイテック(株)、(株)生物活性研究所)
4.  [10:00-10:15]
乳酸菌特に火落菌用細胞壁溶解酵素の開発
○大淵和彦、長谷川和哉(大関総研)
5.  [10:15-10:30]
乳酸菌添加浸漬法によるみりんの製造と色沢安定性
○樋口猛、原田倫夫(キッコーマン(株)酒造工場研究開発課)
6.  [10:30-10:45]
同一ヒト乳児糞便由来乳酸桿菌により生産される、N末端とC末端がリンクした環状バクテリオシンの特性
○川井泰、石井康之、植村宏一郎、齊藤睦、齋藤忠夫、北澤春樹、伊藤敞敏(東北大学大学院資源生物化学専攻動物資源化学分野)
7.  [10:45-11:00]
乳酸菌ファージPL-1のゲノム解析
○中島幸彦、高橋克史、山羽英子、相良康弘、見明史雄、渡邉建治(福岡大薬微生物、高知医科大医生物)
8.  [11:00-11:15]
β-galactosidase遺伝子をマーカーとするブルガリア桿菌とサーモフィルス菌の選択系および遺伝子交換系
○伊藤喜之、佐々木隆(明治乳業中研)
9.  [11:15-11:30]
Enterococcus faecalisにおける性フェロモン受容体タンパク質TraAのDNA結合活性の解析
○堀井孝昭、中山二郎、作田庄平、鈴木昭憲、長澤寛道(東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命科学専攻)
10.  [11:30-11:45]
ヒト腸管由来Lactobacillus gasseriには、フォスフォ-β-ガラクトシダーゼとフォスフォ-β-グルコシダーゼが同時発現?
○齋藤忠夫、鈴木雅勝、昆野慶、北澤春樹、川井泰、伊藤敞敏(東北大学大学院資源生物化学専攻動物資源化学分野)
11.  [11:45-12:00]
Lactococcus lactissubsp. lactisにおけるH+-ATPaseに関する研究
○石川浩平、天知誠吾、櫻井博章、大久保龍朗、横田篤、冨田房男(北大農応用菌学、雪印乳業札幌研究所)
12.  [12:00-12:15]
腸管毒素原性大腸菌(ETEC)の細胞付着阻害活性を有する乳酸菌の細胞付着因子の解析
○向井孝夫、都丸貴世、北山綾理、竹原一明、大堀均、堀江祐範、戸羽隆宏(北里大学獣医畜産学部、弘前大学農学生命科学部)
13.  [12:15-12:30]
Novel features of lactobacilli in relation to cholic acid
○Peter KURDI, Hendrik W. van VEEN, Wil N. KONINGS, Gerald W. TANNOCK, Fusao TOMITA, and Atsushi YOKOTA (Div. of Applied Bioscience Grad. School of Agr. Hokkaido University, Dept. of Microbiol. GBB Univ. of Groningen The Netherlands, Dept. of Microbiol. Univ. of Otago Dunedin New Zealand)
14.  [12:30-12:45]
Structure and bactericidal activity of enterocin B81, an anti-Listeria bacteriocin from cheese-isolated Enterococcus faecium WHE 81
○Saïd ENNAHAR, Takeshi ZENZO, Kenji SONOMOTO, and Ayaaki ISHIZAKI (Division of Bioscience and Biotechnology, Graduate School of Bioresource and Bioenvironmantal Sciences, Kyushu University)
15.  [12:45-13:00]
"Lactobacillus reuteri"
○Ms. Lotta JOHANSSON, Walter J. DOBROGOSZ, Ivan CASAS (BioGaia Biologics AB Sweden, Department of Microbiology North Carolina State University USA, BioGaia Biologics Inc., USA)

ページTOPへ