日本乳酸菌学会

1997年度秋期セミナー  <  秋期セミナー  <  学術情報  <  HOME

1997年度秋期セミナー
 

開催日: 1997年11月28日(金)
会場: 麻布大学
テーマ:腸管感染症の予防・治療に対する乳酸菌の可能性を考える
 プログラム | 

 

大会プログラム

1997年11月28日
 
1.  [09:55-10:15]
基調講演「新興・再興感染症としての腸管感染症」
竹田美文(国立国際医療センター研究所)
2.  [10:15-10:35]
招待講演「腸管出血性大腸菌0-157の検査法とその疫学」
大沢 朗(神奈川衛生研究所)
3.  [10:35-11:00]
総論「乳酸菌の特性と利用性について」
森地敏樹(日本大学生物資源学部)
4-1.  [11:00-11:30]
「乳酸菌による有害微生物の制御」
松田敏生(フードスタッフ研究所)
4-2.  [11:30-12:00]
「乳酸菌によるanti-adhesion therapyの可能性」
戸羽隆宏(弘前大学農学部)、向井孝夫(北里大学獣医畜産学部)
»  [12:00-13:00]
昼食
4-3.  [13:00-13:30]
「ビフィズス菌の腸管免疫増強作用」
保井久子((株)ヤクルト本社中央研究所)
4-4.  [13:30-14:00]
「腸内細菌と動物実験系について -腸管モデルの開発-」
伊藤喜久治(東大農学部)
4-5.  [14:00-14:30]
「大腸菌0-157感染モデル動物の開発」
網 康至、福田 靖、永田典代、須崎百合子、高橋元秀(国立感染症研究所)
4-6.  [14:30-15:00]
「乳酸菌を抗原運搬体とする経口ワクチンの開発」
五十君静信(国立感染症研究所)

ページTOPへ